はじめましての方に読んでほしいおススメ10記事

バカがうまくいく方法を考えた★同じ土俵に立たない!人より量をこなす

おもうこと

 

私は自分で自覚しているくらい頭はよくありません。

理解力のなさ、情報に振り回されやすいところがあります。

今までも遠回りすることが多かったです。

 

この記事を読んでほしい人✔時間がある人
✔頭の悪いと自覚のある人

 

この記事から得られる情報✔頭の悪い人がうまくいかせるために考えていること

 

 

スポンサーリンク

頭の良い人はうじゃうじゃいる

 

 

こうすればこうなってうまくいくと考えられる人

情報に振り回されることなくうまく情報を取り入れる人。

 

情報をたくさん取り入れてもそれをうまく使える人って凄いなと思ってみてます。

 

私はそれができず情報で頭がいっぱいになり、容量オーバー

元々頭に入る量が少ないのでいっぱいいっぱいになってしまうんですよね。

 

 

え、何なにナニって混乱することある

 

そういう人たちがうじゃうじゃいる中でどうやったら自分がうまくいくのか

ブログをはじめる前だってそうだったし、どんな環境にいても自分より凄い人はうじゃうじゃいます。

 

だからそういう人たちの中でうまくいく方法ってなんだろう?ってずっと考えてきました。

 

 

人より量をこなす

 

頭で考えるのが苦手、情報に振り回されやすく取り入れるのがうまくできない。

 

それで考えたのは人より量をこなすということです。

同じように一生懸命考えたって理解する頭がなければ同じようにうまくいくわけはありません。

 

だって理解する頭ないんだもん!

 

それなら他の人が一生懸命考えて頭を使っている間に量をこなしているほうがずっといいと思いました。

何に関しても言えることだと思いますが量をこなせばそれなりにうまくなっていくもの

 

頭が良くないなら他の人より量をこなすくらいのことをしなくちゃダメなんですよね。

 

 

ずっと意識してきたこと

 

私は自宅ネイルサロンの時は1日3回のブログ更新を毎日、ホームページの編集を毎日してきました。

夜中の3時までサンプルを作り続けた日も当たりまえにあります。

 

宅建の時は平均学習時間が300時間だか350時間だか言われていましたがその倍の時間を目指しました。

過去問も他の人より多くと15年分やり当たり前のように時間があれば勉強。

 

ネイルチップをネットで販売しているときも結局最後は評価が2000以上

とにかく数を作り販売、売れなきゃ安く、それでも売れなきゃまとめ売り

 

そういうふうに自分が馬鹿だということを自覚して他の人よりも量や時間をこなすようにしてきました。

 

 

自分にできることは他の人より時間を使うこと

 

自分のこと理解していない人が多い

 

 

私は自分のことを理解して数をこなす、時間を使うことを選んできました。

 

だけど自分のことを理解している人ってすごく少ない。

 

「まだ本気じゃない」

「時間があれば俺は絶対うまくいくのに」

「お金があれば私はうまくいくのに」

「やればできるのに」

 

そういう人って凄く多いんですよね。

 

自分には凄い力が本当はあるんだって思ってる人多いよね?

 

自分のせいじゃないって思いたい気持ちはわかります。

 

お金があればうまくいくのにと言っている人が本当にお金があればうまくいくのか?

私はうまくいかないだろうなって思ってます。

 

 

同じ土俵に立たない

 

憧れを抱いたり、目標にしたいと思う人がいたり、例えばお店をやるなら目標のお店があったりしますよね。

そんな中で同じ土俵に立たないことって凄く大事なことだと思うんです。

 

同じ土俵に立てば負ける

 

 

同じ土俵に立てば負けます。

 

たとえば自宅ネイルサロンをはじめる前にまずしたことは地域のサロンを調べること。

そしてその地域のサロンの強みを調べることです。

「ここの強みは値段か」

「ここの強みは技術か」

「ここの強みは何をやっても定額ってところかな」

 

例えば大きなサロンが値段で勝負していても同じ値段だけで勝負したら無理です。

 

これはなんでもそうだと思うんです。

元々やっていてうまくいっている人を参考にするのはとてもいいことだけど、まったくマネしているとその人にかなうことはないと思ってます。

 

 

他の強みを見つける

 

憧れや目標として設定するのはまるごと全部ってわけじゃなくて一部でいいと思うんです。

それ以外は強みを見つける。

自分には何があるのか?何ができるのかを考える。

 

きっとそういう憧れや目標にしている人とは違う経験もしていて、違う人生を歩んできたんだから何かあるはずなんですよね。

 

気づくか気づかないかで誰にでも強みはあるはずなんだ

 

私はバカでよかった

 

バカって聞くと凄くよくないイメージがあると思うんですが、私はバカもいいところだと思ってます。

バカだからこそ、自分にできることがなにかどうしたらいいか考えてきました。

そもそも私がバカじゃなかったら宅建受かってないし、自宅サロンもうまくいかなかったと思います。

 

バカって自覚あれば大丈夫なの~★

 

バカと自覚さえあれば努力することがあるしどうしたらいいかってわかってくると思うんですよね。

 

だから一番大変なのはバカという自覚のないバカだと思います。

 

 

まとめ

 

そして自分が凄い人と同じ土俵に立てば負けることを理解しているから、隙間を探したり、まるっきりマネするということはしないようにしています。

自分は情報に振り回されやすく理解力がないので、人より量をこなすようにしています。

 

自分で自分のことを理解するって凄く重要なことだと思うんですよね。

 

また更新します★

 

 

 

おもうこと
スポンサーリンク
\ Follow me /
スポンサーリンク
じぶんたいむ―子育てしながら自分の「好き」を楽しむ