耳の中に気泡の入った塊。カラーバルーンを子供が入れてしまったら?

子育て・その他
スポンサーリンク

 

 

うちの娘が保育園、確か3歳くらいの頃にカラーバールーンを耳に入れてしまったことがあります!

その時に検索してもどうしたらいいのか対処法がのってなくて困りました。

 

 

スポンサーリンク

カラーバルーンとは?

 

カラーバルーンとはこういうもの↓

 

おうちの中で楽しめる、コンビニや100均など色々なところに売ってます。

だいたい100円くらいで売ってます

 

ちっちゃいストローがついてて、その先っちょにちょっとつけて膨らまして遊ぶもの。

 

まさかのこれを耳に注入してしまうという事件がありました!

 

 

耳に入れたら気泡の入った塊ができる

 

 

このカラーバルーンを耳に注入すると気泡が入ったかたまりができます。

 

使ったことがある人はわかると思うのですが、これってとても柔らかいんですよね。

手でぶにぶにとできるくらい柔らかい。

 

これを耳に入れて時間がたつとと凄く硬い、気泡の入ったかたまりになってしまい取るのは困難。

 

 

無理やり取ろうとすることも不可能

耳の中の皮膚にがっちりくっついてしまうんです。

 

 

気づいた状況

 

みみそうじを求めてきたので耳を見るとなんだか耳の奥に泡が入った塊がありました。

耳をふさいでるのでびっくりして、旦那にも確認してもらい耳クソではないことを確認。

 

子供に聞いたところカラーバルーンを入れたとのこと。

 

カラーバルーンで遊ばせていたけどまさか耳に入れるとは想像もしていなくてびっくりしました。

夜だったので、翌日病院へ行くことにして眠りました。

 

子供は普通に寝てるけど私は全然眠れなかった

 

耳鼻科での診察

 

耳鼻科の先生も初めてカラーバルーンを耳に入れた子供を見たようです。

見てもらい、説明してもらいました。

 

耳に液体を入れて、しばらく放置して取ることになりました。

 

これでダメだったら切開です…

 

 

こわ!!!!

 

とりあえず娘の耳に液を入れて頂き、液をいれている耳が上になるよう寝かせました。

 

 

 

液を入れて待っている時間はとてつもなく長く感じたけど多分10分とかだと思う

 

しばらく放置してから先生がその耳の中を見て、つまんで簡単にとれました!

 

めちゃくちゃ簡単そうに!

 

 

これ以降娘は耳に何かを入れることはなく、現在1年生。

しばらくの間はカラーバルーンを購入することはなかったです!!

 

 

まとめ

 

カラーバルーンを耳に入れたら、耳の中でがっちりくっついてしまうのでとるのは無理

無理やりはがして皮膚が傷つく可能性や少しだけはがれて耳の奥に落ちてしまう可能性もあります!

 

耳鼻科に連れて行き、取ってもらうのが一番安全!

いれたかもしれないと思ったときは耳のところで電気で照らして確認。

カラーバルーンを使った後に耳の中に気泡が入っている塊があったら耳に注入した可能性大です。

 

 

とにかく耳鼻科へ行こう!!

また更新します!