サンタクロースを信じるのはいつまで?子供の楽しみクリスマスプレゼント★

子育て・その他
スポンサーリンク

 

子供のお楽しみクリスマス!

「サンタさんに今年は何をもらおうかな?」とうちではお話に出てきています。

サンタさんを信じる年齢はいつまで?

ほしいものの聞き取り方は?

いつ渡しているの?

アンケート調査結果について紹介します★

 

この記事を読んでほしい人✔子供がサンタさんを信じるのはいつまでなのか気になる人
✔子どもお出かけ情報サイト「いこーよ」アンケートの結果が知りたい人

 

この記事から得られる情報✔子供がいつまでサンタを信じるのかの調査結果
✔聞き出し方や渡し方など

 

 

 

スポンサーリンク

【クリスマスのお楽しみサンタさん】

 

クリスマスといえば子供たちのお楽しみサンタクロース!

そろそろ「サンタさんに何頼もうかな…」とそわそわしている子もいるはず★

 

うちは小4の娘がいますがまだサンタさんを信じています!

 

サンタさんっていつごろから信じなくなるのかな?

 

アンケート調査の結果を紹介します♪

 

【子どもがサンタさんを信じるのはいつまで?】

国内最大級の子どもお出かけ情報サイト「いこーよ」が

12歳以下の子どもを持つ全国の保護者958名を対象に「クリスマスプレゼントに関するアンケート」を実施!

 

子どもがサンタクロースを信じなくなるのは8歳頃

 

お子さんはサンタクロースを信じていますかと聞いたところ

1歳以下は「サンタを理解していない」が9割弱

年齢が上がるにつれて信じている率が増加!

 

「サンタを信じていると思う」という回答が多かったのは4~7歳でした!

データのばらつきはあるが、8歳以降に「信じていないと思う」「(サンタはいないと)そう教えた」が増加

クラスの友達などからサンタの正体を知るケースが多いようです。

 

その他自由回答ではこのようなエピソードも★

✔ネットで注文したプレゼントの配達時に、子どもが居合わせて商品に気づいてしまった
✔子供たちの部屋に夫婦でプレゼントを持っていく時に目を覚まされてしまった
✔サンタからの手紙がママの字に似てると言いだした
✔隠していたおもちゃを見つけられた

 

ある程度年齢が大きくなるとネットで注文する人も多いから子供がいない時間に時間指定をするとか、実家に届くようにするとかうまく工夫する必要がありそう。

 

私が子供の頃は「タンスにプレゼントが入っていた」という話をしていた友達がいました。

 

隠す場所も注意だね!

 

12歳になると3分の1の家庭では子供にもうプレゼントをあげない

 

子供がサンタを信じていなくても多くの家庭で子供にクリスマスプレゼントをあげているが、10歳以降から「子どもが小さいときはあげていたが今はあげていない」という率が増加

 

12歳になると実は33%が「今はあげていない」となってしまう。

 

クリスマスプレゼントは子どもだけでなく、「あげる側」もワクワクするもの。

 

それが楽しめる期間は意外に短いんだね。

 

サンタさんを楽しむ期間が短くてもクリスマスプレゼントはそのあとも毎年してあげたいな。

 

【クリスマスプレゼント 聞き取りや渡し方】

 

欲しいプレゼントの聞き取り

 

欲しいプレゼントの聞き取りは「サンタに何をお願いするの?と子供にさりげなく聞く」が約6割

 

 

うちの場合は3番目に多いサンタに手紙を書かせるという方法。

このアンケートではこっちのほうが確実な気がしますが聞く派の人が一番多いんですね。

 

うちではツリーにくつした(100均などに売っているクリスマス用の)をぶら下げて、そこに手紙をいれます。

小さいうちはママが言われたものを書いてあげて靴下の中へ。

今は子供たちが自分で書いて靴下の中へ。

靴下にいれてしまえばいつサンタさんが見にきているかわからないから変更できないよ。というルールです。

 

だいたい書く時期は12月半ば!

 

他にほしいものが出てきたら「そしたらお年玉でそれは買えばいいんじゃない?」とすすめます笑

 

 

プレゼントはいつ渡すのか

 

プレゼントをどうやって渡しているかという質問では「子供が寝てから、子供の枕元や部屋において置く」が一番多い。

 

子供が寝ている間に、夜そっとプレゼントをおいて置く。

寝顔を見ながらそっとおいて置く。

そういう人が一番多いようですね。

 

うちの場合は夜中にツリーの下に置いているよ

 

 

子供の希望とプレゼントが違ったこと

 

 

子供にあげたプレゼントが希望のものと違ったことがあるという経験

年齢があがるにつれて増えていき最終的には10歳くらいから25%を超える

 

 

希望と違ってしまった際にどのように切り抜けたか聞いたところ

✔うっかりサンタさんだね
✔サンタさんは忙しいから間違えたんだよ
✔サンタさんもおじいちゃんだから間違えちゃうこともあるよね

というその場にいないサンタさんにするケース。

 

 

✔いい子にしてたらまた来てくれるかもね
✔あれもこれも欲しいっていうからサンタさんもどれが1番かわからないよ
✔次がんばれたらちゃんとほしいものがもらえるはずだよ

など子供が原因であるような回答も。

 

 

これは…切ないな。

 

 

✔自分のためになるものだから、ありがたいと思うように言う
✔(無理やり)サンタさんにありがとうを言いなさいと伝える
✔物の価値観や何のためのプレゼントが必要なのか伝え、小さなものでも大切にする心を養う

説教も交えてなんとか切り抜けようとしている人も。

 

プレゼント違って、説教までされたら心が折れそう…笑

 

「今度はお手紙書こうね」「(今年はだめだったけど)来年に期待しよう!」と次に希望をもたせるつなぎ方も。

 

 

希望と違うパターンは大変そうだね!

 

うちでは希望のものなんだけどセットになってないものを買ってしまってそれをオークションに出品

新しく買いなおしたことが過去にあります!

 

 

子供がほしかっているものをプレゼントしてあげたいですね★

 

まとめ

 

子供はウキウキワクワクなクリスマス。

ママやパパは大変ですが、子供が小さいうちの楽しみです♪

 

楽しい素敵なクリスマスになりますように★

 

また更新します♪