小学校パソコンクラブ!インターネットについて子供に教えたい6つのポイント

子育て・その他
スポンサーリンク

 

小学4年生になるとクラブ活動があります!

第一希望・第二希望・第三希望まで紙に書いて提出するんだけど、6年生が優先なのでうちの娘は第三希望のパソコンクラブ

 

最初は嫌がっていましたが、今は楽しいようです。

 

 

 

スポンサーリンク

パソコンクラブ活動内容

 

クラブ活動の日数はそれほど多くなくて、放課後に各クラブで場所が違います。

うちの娘はパソコンクラブなのでパソコンの教室へ。

内容は

タイピング
お絵かき
名刺作り
作品作り

 

前回はお絵かきをしたものを2枚印刷して帰ってきました。

 

次は3年生見学日、名刺を作るといって携帯の電話番号をメモってました!

4年生としては1つ学年下の3年生の見学日となると少し気合も入るもの。

 

パソコンクラブで良かったと思うこと

 

親目線から見てパソコンクラブに入ってくれてよかったなと思うことがあります。

 

✔パソコンクラブに入ったことによりパソコンに触れる機会が増えた。
✔タイピングや、お絵かき、名刺作り、検索などをして学びになる。
✔自分の描いた絵を印刷したものを実際に持って帰ってきて嬉しそう

 

それ以上にパソコンクラブに入ってよかったと思うことがあります。

 

インターネットを使う前に知っておくべき6つのポイント

 

インターネットの危険性をしっかり教えてくれることです

パソコンの授業でも教えてくれるのだろうけど子供はすぐ忘れてしまいますし、しっかり教えてもらうことができて親としては安心。

 

親なら絶対教えておきたいポイントだね

①インターネット上への書き込みは世界中に公開されること。

 

子供は知り合いだけが見ているなど思いがち。

だけど世界中の人が見ていることを意識して書き込めば変なことも書けないはず。

 

②インターネット上には匿名性がない。

 

インターネットを利用して名前を書かなければわからないだろう。と思ってはいけないということ。

名前を出さずに人を脅したり、いたずら半分で人を不安にさせたり。

名前を書いていなくてもインターネット上には記録が残っているということを教えてくれます。

 

名前を書かなければ何を書いても大丈夫なんてことはない!

 

名前書いてないしバレるわけないし、という気持ちでインターネットを使わないでほしいなと思います。

 

③一度送ってしまった文章や写真は、取り消すことができない。

 

どこかにのせた写真は他に転載されてしまい、あとから消したいと思ってももう色々なところにのってしまっている…など。

これは自分の写真だけではなく友達の写真であっても同様のこと。

 

「悪気がなかった」といっても変な写真をのせられたらお友達はつらい気持ちになってしまうからそこは教えていきたいなと思いますよね。

 

④インターネットでの失敗はこれからの人生に影響することがあること。

 

悪ふざけの書き込み、軽はずみな画像送信で後から後悔する人が増えていること。

過去に書き込んだ内容が不適切であり就職を取り消された例もあるらしい。

 

私が聞いた話だと、仕事体調が悪いといって休んだのにツイッターで「休んでやったあんな会社~」みたいな書き込みをしてて同じ職場の人が見ていたとか。

 

大人でも誰も見てないと思っている人がいるんだよなぁ

⑤個人情報をインターネット上に書いてはいけない

 

個人情報は住所や名前、写真だけが個人情報ではなく学校の名前やライン、メールアドレス、学校のまわりをうつした写真なども個人情報であるということ。

 

ストーカー被害にあうこともあることなどが書かれていて、学校の前で待ちぶせされることもあること。

実際にネットストーカーにつけられ、けがを負わされた事件があることなど教えてくれます。

 

⑥インターネットの中には間違ったウソの情報があること

 

調べものをするのに便利なインターネットだけど、全てが正しいわけではないこと。

テレビや新聞と違って誰もが自由に情報を発信することができるので間違った情報やウソの情報があること。

大人では知っていることだけれど、子供にはあまり理解していない部分があるかもしれない。

 

正しい情報を見極めるポイント

 

1、ひとつだけではなくいくつかの情報を見比べること
2、その情報を発信した人が誰なのかを確認すること
3、ニュースは見出しだけではなく本文も読むこと

 

学校ではインターネットだけに頼らず本や図鑑などで調べることも重要視しているようです。

子供の情報収集方法もインターネットが多くなり、うちの娘は検索し調べることが増えました。

ウソの情報や間違った情報があること、どう確認するのか?を考える機会は大切。

 

まとめ

大人ならわかっていることも子供は知らないことが多いです。

実際うちの子供も一時期ユーチューブの内容はすべて正しい内容であると勘違いしていて、教えました。

1度軽い気持ちでやったことによって人生が変わってしまうこともあることは知っておくべき。

名前を書かなければ何を書いても大丈夫。と思わないでほしいなと親としては思いますね。

 

これからだんだんスマホを使い、パソコンを使い、インターネットに触れる時間が増えていくと思うので今回第三希望で落ち込んでいた娘ですがパソコンクラブに入ってくれてよかったと親としては思っています。

 

お子さんがインターネットを使う際、このポイントを教えてあげてください!!

 

また更新します♪