【子供と雪遊び】冬に楽しめる雪の遊び方6選!子供に教えておきたい注意点も★

子育て・その他
スポンサーリンク

 

夏のように公園で遊べなくなり、冬は雪遊び!

雪遊びっていつもワンパターンになりがち。

たまには違う遊びしようかな?と思ってる人の参考になれば嬉しいです♪

子供と楽しく外で遊ぶ方法を紹介していきます★

 

子供が楽しめる雪遊びだよ~!

 

この記事を読んでほしい人ここに文章

 

 

この記事から得られる情報ここに文章

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

【子供と外で雪遊びオススメ6選】

 

子供が小さい頃ずっと家にいると機嫌が悪くなることもありました。

「外で遊びたい」ということもあり雪遊びをすることも。

 

公園で遊べないし家ばかりだとネタがつきてしまいます。

私が子供と外で雪遊びをして楽しかった遊びを紹介していきます★

 

雪遊び1 ソリや尻すべり

 

ソリや尻すべりは定番の遊び。

公園の雪山や除雪したあとできる大きな雪山。

 

ソリっておうちにあるからなかなか作ることがないかもしれませんが米袋でソリを作って遊んでも。

 

家で工作気分で作るのでそれも楽しい。

段ボールを米袋でしっかりつつめばちょっとしっかりした感じになります♪

米袋がなければつるつるした袋でも。

ゴミ袋で代用してみたこともあります★

ボロボロになれば捨てればいいだけ!

 

子供だけのオリジナル米袋ソリ!

 

小学校に入ってからも米袋のソリを作って学校にもっていく日があった♡

 

 

雪遊び2 雪だるまを作る

 

雪だるまを作るのも定番。

一緒に作っていくと楽しそう!

最初小さい玉からある程度大きくするのがへたくそな場合は途中までやってあげると楽しく遊べます♪

雪だるまは作ったあとも「まだある~」と嬉しそうなんですよね。

 

雪遊び3 宝探しゲーム

 

雪遊びをするとき小さいものをもってお出かけ。

例えばスーパーボール。

少し雪に穴をあけて入れておきます♪

そのあと子供が探す宝探しゲーム。

 

これは私が小学校の頃学校で飴を探すという行事があったんですよね。

雪の中から発見するのが楽しいようで子供は喜びます♡

 

大きい物だと探しやすいですがうちではスーパーボールが定番でした!

例えばオレンジのスーパーボール、その上に雪をうっすらかけるとちょっとオレンジに見えるので探しやすいんです♡

 

いくつか一気に隠すとママも楽♡

 

 

雪遊び4 ソリにのせて引っ張る

 

ソリにのせて引っ張るだけでも楽しいようです。

ただママの体力的にきつい…。

わざと落としてあげるとキャっキャッといって喜びますが短時間しかもちません笑

ソリとスコップを渡しておくとソリに雪をのせて子供が運んだりもします♪

 

小さいうちは雪があるだけで楽しいみたい

 

雪遊び5 雪合戦&雪玉キャッチボール

 

雪をまるめてつくる。

よくぶつけてきました。

雪玉キャッチボールなんかもいいかも!

雪玉キャッチボールならキャッチしてもできなくても「わぁ~」と喜んでくれます。

だいたい雪玉をぐしゃっとつぶしてしまうんですがそれも楽しいようです♪

 

雪遊び6 砂遊びのように雪遊び

 

バケツやスコップがあると自由に子供が遊んでくれます★

バケツに雪を詰めて形を作ったり…!

 

保育園の時に保育園でバケツで氷をつくったところにキャンドルをいれるという日がありました♪

砂場遊びのように遊べておままごとにもなっちゃう!

雪でほった穴に「おふろ~」と入ったり自由に遊んでくれます!

 

【外遊びで教えておきたい4つの事】

 

小さいうちはママやパパが外にいるときも一緒にいます。

だけど大きくなってくるとママやパパがいないところで遊ぶようになったりしますよね。

 

小さいうちから教えておいたほうがいいことをまとめました!

 

屋根の下に行ってはいけない

 

屋根につららがついていることもあり落ちてきたら危険。

雪がドサッと落ちてきたら埋まってしまう危険だってあります。

それは小学生になっても同じこと。

見ていられる小さいうちにしっかり教えておくことが大事。

 

命にかかわることだよ!

 

雪は食べてはいけない

 

雪を食べてはいけないことは教えておいた方がいいかも。

つららとか舐めってしまう子が多いですが綺麗なものではないですよね。

 

あまりうちではつららを取らせないようにしていました。

つららの大きいものがあるところは屋根などが多いです。

木についた小さなつららくらいなら持っていましたが舐めないように注意してました★

 

道路にある雪山には上ってはいけない

 

道路には冬になると大きく雪がありますよね。

雪の上に乗る習慣がついてしまうと小学生になってもやってしまうので注意。

 

そこからもしすべって落ちてしまえば車にひかれる可能性だってあります。

のぼってはいけないよと教えておいた方が安心です!

 

公園では遊んではいけない

 

公園のジャングルジムなどの横には普通に雪があるように見えてスポッと落ちてしまうところがあります。

雪が多くてもそこだけぎっしり雪がなければ落ちてしまうと埋まってしまう危険があるので注意。

 

冬の遊具では遊んじゃいけないということはしっかり理解させておいた方が安心です。

何もないところであればいいですが遊具のある場所では遊んではいけません。

 

これは毎年しつこいくらいに言ってるんだ!

 

氷を投げてはいけない

 

これは結構多いと思うのですが氷を投げてしまう子多いんです。

とくに男の子では小学生になっても氷を持ち上げたりとても多い。

 

人にケガをさせてしまう可能性があるので氷はなげてはいけないということは教えたほうがいいかも。

中には夏だと砂を投げる子もいるんですよね。

早めに教えておくと安心です。

 

 

まとめ

 

うちの子供たちは保育園の行事のあと寒い冬にココアを飲んだ記憶が残っています。

長女は雪遊びのあと肉まんを外で食べた記憶が残ってるようです!

 

寒い日外で食べたあたたかいものは記憶に残りやすいみたい。

「おいしかった」と記憶しているようです★

 

冬の間は外遊び、大人は寒くて大変だよね

 

個人的には宝探しゲームがオススメ!

探して見つけるのが楽しいみたいだし、親にとっても楽な遊び方♡

 

参考にしてみてください★

 

また更新します!