【中卒】宅建一発合格した私の勉強法!試験会場や試験当日の話

子育て・その他
スポンサーリンク

私は中卒です。

頭もよくありませんし、元々フリガナをふるところから勉強をはじめました。

宅建に一発合格したときのことや私のやった勉強方法など紹介します★

 

この記事を読んでほしい人✔宅建を受験する方

 

この記事から得られる情報✔中卒だけど宅建に一発合格した勉強方法
✔宅建のために購入したもの・使用したもの

 

 

 

スポンサーリンク

私が受験した年

 

受験した年のことを書いておきます。

 

平成28年
受験者数  198,463人
合格者数  30,589人
合格率  15.4%
合格点 35点

 

 

合否が出る前に色々なところが合格点数を予想するのですが怪しい感じ。

そわそわして合否まで待っていたのを覚えています。

勉強時間

 

調べると勉強時間は300時間とか350時間とか言われているけど私はフリガナをふるところからはじめたし全然350時間以上の勉強をしました。

目指すは300時間の倍。

 

アプリで勉強時間の管理ができるものもあるので、時間を管理しておくといいと思います。

どのくらい時間を費やしたか、受験前に見るだけで少し自信がもてます。

 

中卒でもしっかり勉強すれば受かる

私は他の人よりも努力しないと受からないってわかっていたからドラマも見ないし途中から禁酒したし、本当勉強ばっかりやってました。

 

はじめて見る言葉も多く、文章になれるまでに時間がかかるので余裕をもって勉強時間は確保するのがいいと思います。

 

 

宅建合格のために使用したテキスト・過去問

 

私が使用したものを紹介します!

市販のテキストを購入する場合などは立ち読みして自分が使いやすいものを選ぶほうがいいと思います。

自分が読みずらいと感じると頭にまったく入ってきません。

テキスト

 

テキストはキャリアカレッジのテキストを使っていましたがキャリアカレッジで通信講座を受けたわけではなくてテキストだけキャリアカレッジの使用。

 

サイズ的には使いやすかったですね。

今はどうかわからないけど結構オークションとか出てたりするのでテキストだけも手に入ります。

 

 

テキストは他にもいっぱいあるし、市販のにするなら立ち読みしてみたりして自分に合いそうなの選んだほうがいいと思います★

 

テキストの中には直接文字を書き込んだり、付箋を貼って書き込みを入れたりしていました。

よくわからないことは調べてそこに貼っておく。

よく間違える問題をテキストに付箋で貼っておくとわかりやすかったです。

 

民法がわかった

 

 

宅建を受ける人がよく買っている「民法がわかった」私も購入しました。

権利関係などわからない部分を理解するために少し使った程度でした。

 

宅建の受験の頃はインスタグラムで色々な人と繋がって励まし合っていましたが、民法がわかったは購入している人が凄く多かったです。

宅建受験する人の定番みたいだよ

過去問

 

 

私はとにかく過去問をこなすという形での勉強が多かったです。

何度も繰り返し過去問をこなし、「なぜこの答になるのか?」を考えながらやっていました。

 

答えられるようになるくらいやったほうがいいと受かった人に聞いたのでやってたんですよね。

なぜこの答えになるか説明できるようになるといいようです。

 

 

 

過去問で結局一番使ったのものは「みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集」

間違ったところは付箋を貼っていって、そのあと間違え確認して、また解いてあってたらはずしていく。など…

 

 

最初は付箋だらけになってとっても綺麗でした笑

 

過去問はこの12年分+印刷して3年分、合計15年分やりました

 

普通に答えのところに書き込みとかもしてたし、蛍光ペンで大事なとこひいたりしました。

 

 

 

最初に買ったのは「みんなが欲しかった!宅建士の問題集 本試験論点別」

 

分野別で3分冊にできる!最初はこっちを買ってやっていました。

いっぺんに全てやるとパニックになりそうだったので1つずつ最初はやってました。

問題に慣れるために…という感じです。

 

頭の中ごちゃごちゃになるからね

 

要点整理

 

要点整理は私が使っていたやつがもう出ていないんだけど試験の1カ月ちょっと前くらいに購入したはずです。

要点整理は凄く役にたちました。

1か月前でしたが購入してよかったです。

蛍光ペンをひいたり付箋貼ったりして使ったし何も書いてないところに書き込みしたりして使いました。

 

これもぱらぱらめくって自分に合いそうなの選んだらいいかも。

 

予想問題集

 

予想問題集はたくさん出てるから結構な量を買いましたがその問題集によって難易度はバラバラだし、結局復習しなかったものもあります。

 

 

1番よかったなと思うのは「あてるTAC直前予想 宅建士」

 

 

 

直前つめこみBOOKもついてるから使いました。

難易度高すぎるものが多い中現実的に感じたのがこれです。

これは復習もしました。

他の問題集は復習したり…しなかったり…という感じ。

 

予想問題集をやるときは時間内におわるか、どういう順番でやるかを考えてやることができます。

私の場合は集中力がもたなくて困りました。

 

無料で使えるものでも勉強

 

宅建合格のために無料でできることや使えるものがあります。

私が利用していたものを紹介します★

 

ユーチューブ

 

ユーチューブで「宅建みやざき塾」というのをずっと見ていました!

 

 

宅建みやざき塾
宅建試験は、『必ず、合格できる!』 独学でも合格できる!本気で合格を目指すなら、宅建みやざき塾。 YouTube宅建講義No.1【動画再生回数 750万回! チャンネル登録 29,000名様! ありがとうございます(^^)v】 一緒にがんばって、絶対に合格しましょう! しっかり理解して、スッキリ整理!『宅建みやざ...

 

 

凄く勉強になるしわかりやすいですよね。

前日の夜の勉強はこれの宅建業法のまとめなど見ていました。

 

宅建みやざき塾」がなかったら落ちていたかもしれない。

 

ぜひおススメです!

 

これもインスタで同じ時期に受ける人は見ている人ばかり。

 

 

 

アプリの活用

 

宅建 過去問で調べるとアプリが結構出てきますよね。

アプリを使って寝る前布団で解いたりしていました。

無料のものを使っていたけど凄くよかったです。

 

 

寝る前とかもこれをやっていると眠くなって寝る…という生活をしていました。

 

青ペン勉強法

あるあるだし結構みなさんやっていると思いますが青ペンで勉強していました。
青ペンはたくさん買っておいて、テキストに記入するときや過去問に記入、過去問の間違えをノートに書きだすときなど使ってました。

ペンをただ青にするだけ

宅建の試験当日

宅建のとき私は女性専用会場でした。

女性専用会場

私が行くことになった試験会場は女性専用会場。
トイレに行く人はやっぱり多いです。
他の試験に比べるとぎりぎりまでトイレに足を運んでいる人もいて緊張からトイレが近くなる人もいるようでした。
私は少し早めにトイレを済ませて席につきました
受付表に駐車禁止と書かれているため旦那に送り迎えをしてもらいました。
送る際は近くのコンビニでおろしてもらい、試験会場には止めることはなかったです。
私はギリギリ合格です。

あと2点足りなければ落ちていました!

緊張は最初しなかったのですが、試験がはじまったとたん少し混乱
そのあと全て解いてから最初に戻り、これは違うと確信がもてるものだけ答えを変えました。
明確に変更する理由がないのなら答えは変えてはいけない
というのをどこかで見ました。

わからないときは直観を信じます。

最終的には運

一生懸命勉強を進めてこの中で私が1番勉強したはずと思って試験に挑みました。
最初はこんな感じでしたが

それでも受かったのは家族の協力や、自分の努力、そして運だと思ってます。

 

2点の差で落ちるか受かるかは運の良い悪いだと思う

 

運をよくするため気休めでもなんでもやりたかった私がやったことがあります。

 

 

受かると自信を持って行くために

 

正直、試験当日にバタバタもがいてもどうしようもないんです。

試験当日に騒いだところで受かるならみんなそうしているはずなんですよね。

 

だから今まで勉強した!ということに自信をもって、気持ちで負けないように受験会場に向かうしかないんです。

 

おまもりをポケットに入れていく

 

おまもりを旦那が買ってくれたので合格祈願のお守りをポケットに入れていきました。

 

なんとなく気持ち的にすがっている部分もあったと思うのですが受かるような気がしてくるから不思議です。

おまもりって大事です。

 

おまもりのおかげかもしれん

 

まわりでは宅建を受けるという人にパワーストーンをプレゼントした話など聞いたことがあります!

 

 

前日にカツを食べる

 

カツ=勝つ

 

ということで前日にカツを食べました。

これも旦那がつくってくれました。

 

このカツを食べたことによって1点はかせげてるはず

 

本調子が出ずに落ちる人もたくさんいると思います。

当日までは全然大丈夫だったのに…という人もきっといますし最終的には運です

 

気持ちで負けたら多分落ちます。

いや、せめて気持ちだけでも勝っておきたいところです。

 

落ちると思ったら多分落ちる

 

試験当日に落ちると思ったら多分落ちるような気がします。

 

目の前の席の人はトイレが近く、戻ってくると大きな紙を広げてみて、そしてまたトイレに行く

緊張からだと思いますが何度も何度もトイレに足を運んでいました。

 

当日に緊張しすぎてしまったり、本調子がでなくなってしまうことだってあります。

私も本番と自分でやっている勉強ではまるで違うように感じました。

 

 

もう当日にどうこうできないから受かると自信をもつことしかできないよね

 

努力してきたことを十分に発揮できたらそれでいいと思います★

 

試験前に気を付けること

 

忘れ物がないかのチェックや最終確認、お勉強もラストになるので最後に一生懸命勉強するのは大事。

 

だけど体調管理を万全に!

風邪でもひいて本調子が出なかったらずっと悔やみます。

 

私は試験前、8月あたりがピークに病んでいました。

不安で不安で仕方なかったです。

 

でもその不安も勉強することでしか消せないのでとにかく勉強をするだけです。

なんで勉強しているんだろう?」と病んだら名言を探すといいです。

たくさんあります。「勉強 名言」みたいな感じで。

 

宅建はもっていて損のない資格、

登録実務講習のとき、教えてくれる人が不動産鑑定士の方でしたが「宅建は必ず役にたつ資格」といっていました。

 

ギリギリ合格したのでえらそうなことはいえませんが、宅建に受かるのは資格取得以外にも得るものが大きいです。

「自信」だったり「やればできる」というその後の気持ちへの影響も大きかったです。

 

まとめ

 

私は周囲で誰1人受かると思ってもらえていなかったことに受かった後気づきました。

誰がどうなるかなんてわかりませんよね。

 

私予想問題集は試験前ひどい点数をとりまくり、厳しいんじゃないかなと感じたこともあります。

 

 

予想問題集はかなり難しいなと思った

 

フリガナをふるところからはじめて、中卒の私が一発合格したことが誰か参考になりますように。

「こんな人でも受かるなら私もきっと受かる」と思ってくれればうれしいです。

 

誰かの勇気になりますように!

 

また更新します★